住まい

実際に移住する前に… いしかわ暮らしを体験してみよう!

移住する候補地の絞り込みや実際の暮らしを知るためには、現地に足を運び自分の目で確かめることが欠かせません。
その際にオススメしたいのが、地元の人たちとの交流も深められる体験メニュー。石川県には希望する滞在の仕方に応じて短期から長期まで多彩に揃っています。

地域活動を通して暮らし体験

いしかわ DE ワークステイ

地域に数日間滞在し、地域の活動をボランティアで応援しながら、住民との交流を深め、移住後の生活も実体験できるのが「ワークステイ」です。

次世代に継承していきたい地域の「宝」を守るお手伝いをしながら、石川県ならではの暮らしを体感してみませんか。

自然と共生し、自然の恵みに感謝する中で育まれてきた伝統的な「祭り・行事」、世界農業遺産にも認定された「能登の里山里海」に代表される豊かな自然のもとで引き継がれてきた「里山・景観」、地域の自然環境に合った地域固有の「作物や特産品」の3つのジャンルのプログラムがあります。

問い合わせ先

いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会 (石川県企画振興部地域振興課内)

〒920-8580 金沢市鞍月1-1 TEL 076-225-1312

ホームページへ

「もっとじっくり」移住を体験

「ちょい住み」体験施設

もっと長期間滞在して地域内を見て回りたい、確認したいという方におすすめなのが「ちょい住み」体験施設。市町が移住を考えている方のために用意しているもので、下見のために借家を探す手間や面倒な契約手続きも不要で、安価に借りられるのがメリット。

石川県内では現在、珠洲市、穴水町、能登町に「ちょい住み」用の一戸建て住宅があり、珠洲市では最大31日間、穴水町で同7 日間、能登町で同3ケ月間借りることができます。

穴水町の短期移住体験住宅

問い合わせ先

珠洲市 自然共生室

〒927-1295 石川県珠洲市上戸町北方1-6-2
TEL 0768-82-7720

ホームページへ
穴水町 政策調整課

〒927-8601 石川県鳳珠郡穴水町字川島ラ174
TEL 0768-52-3625

ホームページへ
能登町定住促進協議会

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1
TEL 0768-62-0260

ホームページへ

通常の観光旅行より一歩踏み込んで体験

いしかわのグリーン・ツーリズム

「グリーン・ツーリズム」とは農村・山村・漁村に滞在し、その地域の自然や伝統文化、人々との交流を楽しむこと。農山漁村の自然や風景を楽しんだり、田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫などの農作業体験をしたり、民宿や農家などに泊まって地域の伝統文化や人々との交流を楽しむことにより、従来の観光旅行より一歩踏み込んで、その地域を知ることができるでしょう。

石川県内では全域で多彩なプログラムが実施されており、気軽に参加することができますので、初めて候補地を訪れる際などにおすすめです。

問い合わせ先

石川県グリーン・ツーリズム推進協議会(石川県観光戦略推進部観光振興課内)

〒920-8580 金沢市鞍月1-1 TEL 076-225-1542

ホームページへ

暮らし・仕事を短期に体験

短期移住体験

移住希望者が、移住の不安要素を解消するために仕事と生活などを移住モデルとして提案し、体験してもらうのが「短期移住体験モデル事業」です。

世界農業遺産に登録された能登を中心に、農業・漁業体験、観光に携わる民宿・ゲストハウス、輪島塗など職人体験、今のスキルが活かせる企業体験などの仕事体験の他、古民家や短期滞在住宅、民泊などの滞在先、地域の方々との交流など、短期体感プランをお作りします。

朝日や夕日、豊かな自然の中での暮らしを体験してみませんか。

お気軽にご相談ください。

問い合わせ先

一般社団法人 能登定住・交流機構((株)ぶなの森 能登事務所内)

〒928-0334 石川県鳳珠郡能登町字当目60字41番地 TEL 0768-76-0600

ホームページへ

このほか、市町等が実施する移住体験ツアーなどでの開催情報も
県ポータルサイトで掲載しているので参加してみましょう。

ワークステイで移住の可能性を確信

井坂貴哉さん 友紀さん(奈良県→輪島市)

日本酒造りの蔵人として働くかたわら農業への思いが強くなり、その夢を実現できる場所を探していました。仕事の関係で能登へ来た時、たまたま手にした棚田のパンフレットを見て訪れたのが、現在住んでいる輪島市の金蔵地区です。

「日本の里100 選」にも選ばれるロケーションをひと目で気に入り、2 週間後、今度はワークステイを利用して再訪しました。農作業などを手伝う中で集落の雰囲気を味わい、空き家の見学もさせてもらいました。夏には家族を連れて地域イベントをお手伝いするプログラムに参加しました。この時、地域の住民の方々など多くの方との出会いがあり、それが移住の決断につながりました。

移住して1 年、まだ少しお客様のような感じはありますが、皆さんから温かく見守られていることをありがたく思います。これからは、地区の一員として認められるよう信頼を深めていきたいですし、自分たちの経験を踏まえて、これから移住したいという方々の相談にも乗れたらいいなと思っています。ワークステイは地域のふだんの暮らしを体感することができて、私たち家族にとって本当に有意義でしたし、移住を計画中という方にぜひお勧めします。

ページトップへ
相談窓口へ