» 【10/19(土)@東京】能登の自然の魅力をお届け!山の恵みと海の恵みを味わいながら、移住・地域の暮らしを語る会

【10/19(土)@東京】能登の自然の魅力をお届け!山の恵みと海の恵みを味わいながら、移住・地域の暮らしを語る会

石川県とキッチハイクとのコラボ企画です!!
キッチハイクでは食を通じたコミュニティづくりを行っています。

石川県には、世界農業遺産にも認定された「能登の里山里海」が広がり、

伝統的技法で精製している塩田や海洋深層水の塩、
日本三大魚醤の1つとされる「いしり」、
能登の雄大な自然で育った「能登牛」などなど・・・

多様な食文化が生まれ、育まれてきました。

その能登の食を通じて(味わいながら)、
石川県のいいところ、魅力、暮らしやすさなどを語り合いたいと思います!


■こんな方にオススメ!
・移住・地域の暮らしに興味がある
・農家民宿・レストランの開業に興味がある
・料理人・料理の得意の方
・能登の食文化が気になる など


今回は、石川県・能登の食を味わいながら、
移住・地域の暮らしについて語り合うイベントを開催!

穴水町で地域おこし協力隊として活躍し、
その後起業をされ、穴水と東京の二地域居住をしている方や、
農家民宿を経営している方をゲストとして呼んでおります。

お二人とも移住者であり、かつ料理人の方で、
石川県・能登の食事情を深く理解されていますので、
とても魅力的なメニューに出会えますよ!

また、移住してのエピソードや、能登の暮らし、農家民宿についてなど、
料理だけでなく、移住・地域の暮らしなどについてのトークも予定しています。

能登の食を味わいながら、楽しく語り合いませんか?


★当日は二部制で開催予定です。どちらも開催内容は基本同じですので、
都合のよい方にご参加ください。


▽日時:10月19日(土)
<昼の部>11:30~13:30
<夜の部>18:30~20:30

▽会場:ザ・パークレックス人形町
   (東京都中央区日本橋富沢町7-1)

▽参加費:3,500円
(キッチハイクに初めて登録される方は、
クーポン「hajimete」を入力いただくと、500円割引になります)


▽プログラム

   11:30~ 開会、主催者あいさつ

   11:40~    料理の提供、石川県の紹介、ゲストトーク

   13:20~   アンケート、閉会

▽メニュー

・和栗のほっこり冷製ポタージュ
・能登牛の贅沢グリル 海洋深層水の能登塩とワサビで
・肉厚しいたけとキノコの炙り焼き
・いしるバターのライスボール&なおちゃんのおにぎり
・秋の旬のデザート 五郎島金時のスイーツ
※ドリンクは、能登ワイン、能登の日本酒、つばき茶などをご用意します
※メニューは変更の可能性がございます

 

▽参加申込方法
以下からアクセスして、申込ください。
昼の部はこちら
夜の部はこちら


■ゲスト①:齋藤 雅代(えんなか合同会社 代表)

東京都出身。学生時代は海洋生物と環境を学ぶ。
卒業後、Webメディアや情報誌の編集に携わる。
29歳で退職後、渡仏しフランス各地の食とツーリズムの原点を学ぶ。
食に関わる映像の仕事で能登半島を訪れ、酒蔵と食文化をめぐる体験ツアーを企画。
穴水町の地域おこし協力隊として移住した後、2016年に起業。
海辺で楽しむ海鮮炭火焼の飲食店や、道の駅の立ち上げ、築400年の古民家カフェの運営に携わる。
現在は、今までの活動を通じた地域の生産者とのつながりを強みとして、
健康と食の体験プログラム「ノトリトリート」や、
大学と地域連携といった都心と地方を結ぶプロジェクトに取り組む。
自治体での講演や、NHKの番組出演、環境教育関連への寄稿など多岐に渡って、
能登の食文化や地域の魅力を発信している。


■ゲスト②:桶本 直子(農家民宿江戸)

宮崎県出身。結婚を機に、穴水町へ移住。
農家民宿江戸を経営しており、能登の魅力を発信している。
いしかわ食育コーディネーター、能登北部食生活改善推進協議会会長、
穴水町食生活改善推進協議会会長。


興味のある方はぜひご参加ください!
お待ちしております!

▽お問い合わせ先

いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会
(石川県地域振興課内)
TEL : 076‐225‐1312
E-mail : iju@pref.ishikawa.lg.jp


※詳細は随時更新いたします