» 新着!【2/20(日)オンライン開催】金沢・能登での農ある暮らし-農業を通じた地域活性化-

新着!【2/20(日)オンライン開催】金沢・能登での農ある暮らし-農業を通じた地域活性化-

漠然とぼんやりと「農業」に興味を持っている方は多いのではないのでしょうか?
人が生きる上で必要不可欠な「食」に直接通じるため、やりがいや喜びを感じやすいライフワークです。

石川県は豊かな自然に恵まれており、能登では世界農業遺産にも認定され、
金沢・加賀では豊かな里山環境、雄大な白山がそびえています。
また、脈々と受け継がれてきた豊かな食文化が根付いております。そのような地域資源を生かして、
石川県ならではの農業を実践されている方が多くいらっしゃいます。

今回は金沢市の里山で農園を営み、ゆずやヘタ紫なすなどを栽培している多田礼奈さん、
七尾市で農事組合法人なたうちの職員として集落営農に取り組んでいる藤原道弘さんをゲストとしてお招きしてお話を伺います。

多田さんは、祖父から農業を引き継ぎ、23歳の時に「きよし農園」を開業しました。
金沢ゆず、へた紫なす、しろねぎをメインに栽培しつつ、地域の飲食店や生産者と連携して、地域密着型の様々な取り組みの推進やイベントを開催を行っています。
里山活性化や地域活性化、農業の振興に向けて、新たな構想も企画しております。

藤原さんは、2018年に埼玉県から七尾市に移住し、農事組合法人なたうちに就農しました。
主に水稲、大麦、大豆、そばの栽培、前職の経験を生かし農業アプリや圃場、勤怠データ管理なども担当されています。
2020年にドローンの資格を修得し、スマート農業にも取り組んでいらっしゃいます。

トークセッション形式でおふたりにお話をお聞きしながら、地方での農業の実例を通して、
地域の魅力や地域の実情を知っていただき、石川県との関わりしろを見つけていただければと思います。
お気軽にご参加ください。

○金沢・能登での農ある暮らし-農業を通じた地域活性化-
◆日 時:令和4年2月20日(日)13時~14時15分
     ※終了後、1時間程度交流会を開催(希望者のみ)
◆方 法:オンライン(zoom)
◆内 容:地方での農業の実例を知り、関わりしろを見つける
      ・金沢の里山での家族農業、農園の経営
      ・能登半島七尾での集落営農、農業を通じた地域貢献
◆スケジュール:
【第1部~セミナー形式~】
13:00~13:10 石川県の紹介、ステイサポートとは
13:10~14:00 ゲストトークセッション
       テーマ「いしかわでの農業・農ある暮らし」
14:00~14:15 質疑応答
【第2部~交流会形式~】※希望者のみ
14:30~15:30 ゲストとの交流会
◆参加費:無料(通信料は自己負担)
◆ゲスト:
○多田 礼奈さん(きよし農園)

金沢市出身。23歳で祖父の農園を引き継ぎ、「きよし農園」を開業する。
金沢ゆず、へた紫なす、しろねぎをメインに栽培し、低農薬や有機肥料の野菜づくりに力を注いでいる。
「金沢ゆず香るん祭り」を企画・運営したり、加工品の開発、飲食店とのコラボでへた紫なすのコース料理を提供する
野外レストランの実施などの取り組みが評価され、2019年度「いしかわ女性のチャレンジ賞」を受賞。
里山活性化や農業生産者の地位向上を目指し、様々な分野とつながり幅広く活動している。

○藤原 道弘さん(農事組合法人なたうち)

21年勤めたIT企業を退職し、母方の故郷の七尾市中島町に埼玉県から夫婦で移住。
農事組合法人なたうちに就農して3年、主に水稲、大麦、大豆、そばの栽培、前職の経験を生かし農業アプリや圃場、
勤怠データ管理なども担当。2020年にドローンの資格を修得し、スマート農業にも取り組む。
農閑期には祖父母の家を自分でリフォームするなど、家族と自分の時間を大切にしながら田舎暮らしを満喫中。
◆詳細・お申し込み:
https://ishikawa-wh.com/online/2600/

<お問い合わせ先>
いしかわステイサポート事業事務局(株式会社カラフルカンパニー内)
TEL:076-292-1750
Mali: wh@colorfulcompany.co.jp