» 体験・アクセス

体験・アクセス

実際に移住する前にいしかわ暮らしを体験してみよう

移住する候補地の絞り込みや実際の暮らしを知るためには、現地に足を運び自分の目で確かめることが欠かせません。

その際にオススメしたいのが、地元の人たちとの交流も深められる体験メニュー。石川県には希望する滞在の仕方に応じて短期から長期まで多彩に揃っています。

またレンタカーや宿泊などを考えている方は、協賛事業者が割引を行うIパスの取得も便利です(平成29年5月スタート)。

1. 暮らし・仕事を短期に体験「短期移住体験」

移住希望者が、移住の不安要素を解消するために仕事と生活などを移住モデルとして提案し、体験してもらうのが「短期移住体験モデル事業」です。

世界農業遺産に登録された能登を中心に、農業・漁業体験、観光に携わる民宿・ゲストハウス、輪島塗など職人体験、今のスキルが活かせる企業体験などの仕事体験の他、古民家や短期滞在住宅、民泊などの滞在先、地域の方々との交流など、短期体感プランをお作りします。

朝日や夕日、豊かな自然の中での暮らしを体験してみませんか。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

一般社団法人 能登定住・交流機構((株)ぶなの森 能登事務所内)

〒928-0334 石川県鳳珠郡能登町字当目60字41番地

TEL 0768-76-0600

詳しくはこちら

加賀市定住促進協議会

〒922-0807 石川県加賀市大聖寺神明町12番地/p>

TEL 0761-71-0099

詳しくはこちら

2. 移住体験ツアー

県や各市町では移住体験ツアーを実施しています。イシカワノオトのイベント情報をチェックしよう。

3. もっとじっくり移住を体験「ちょい住み体験施設」

もっと長期間滞在して地域内を見て回りたい、確認したいという方におすすめなのが「ちょい住み」体験施設。市町が移住を考えている方のために用意しているもので、下見のために借家を探す手間や面倒な契約手続きも不要で、安価に借りられるのがメリット。

石川県内では現在、加賀市、羽咋市、輪島市、能登町に「ちょい住み」用の一戸建て住宅があり、珠洲市では最大93日間、加賀市で同1ヶ月、羽咋市で同5日間、輪島市で同30日間、能登町で同3ケ月間借りることができます。

お問い合わせ

加賀市定住促進協議会

〒922-0807 石川県加賀市大聖寺神明町12番地/p>

TEL 0761-71-0099

詳しくはこちら

羽咋市 がんばる羽咋創生推進室

〒925-8501 石川県羽咋市旭町ア200

TEL 0767-22-7192

詳しくはこちら

輪島市 企画課

〒928-8525 石川県輪島市二ツ家町2字29番地

TEL 0768-23-1113

詳しくはこちら

能登町定住促進協議会

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

詳しくはこちら

4. 能登の暮らしと農業を体験「いしかわ農業インターンシップ研修」

能登地域への移住・就農のきっかけづくりとして、気軽に能登の素晴らしさや農業のやりがいを体験できるのが「農業インターンシップ研修」です。能登は農業・文化・景観・生物多様性に富み、日本で初めて「世界農業遺産」に認定されるなど、世界的にその重要性が認められている地域です。  まずは気軽に10日間程度の「事前研修」に参加いただき、能登に魅力を感じた方はさらに長期間の「本研修」へ切り替え可能。希望者には、市町や関係機関と一体になって、移住や就農に向けた手厚いサポートを行います。

お問い合わせ

(公財)いしかわ農業総合支援機構

〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20

TEL 076-225-7621

詳しくはこちら

5. 地域活動を通して暮らし体験「いしかわ DE ワークステイ」

地域に数日間滞在し、地域の活動をボランティアで応援しながら、住民との交流を深め、移住後の生活も実体験できるのが「ワークステイ」です。

次世代に継承していきたい地域の「宝」を守るお手伝いをしながら、石川県ならではの暮らしを体感してみませんか。

自然と共生し、自然の恵みに感謝する中で育まれてきた伝統的な「祭り・行事」、世界農業遺産にも認定された「能登の里山里海」に代表される豊かな自然のもとで引き継がれてきた「里山・景観」、地域の自然環境に合った地域固有の「作物や特産品」の3つのジャンルのプログラムがあります。

お問い合わせ

いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会 (石川県企画振興部地域振興課内)

〒920-8580 石川県金沢市鞍月1-1

TEL 076-225-1312

詳しくはこちら

6. 通常の観光旅行より一歩踏み込んで体験「いしかわのグリーン・ツーリズム」

「グリーン・ツーリズム」とは農村・山村・漁村に滞在し、その地域の自然や伝統文化、人々との交流を楽しむこと。農山漁村の自然や風景を楽しんだり、田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫などの農作業体験をしたり、民宿や農家などに泊まって地域の伝統文化や人々との交流を楽しむことにより、従来の観光旅行より一歩踏み込んで、その地域を知ることができるでしょう。

石川県内では全域で多彩なプログラムが実施されており、気軽に参加することができますので、初めて候補地を訪れる際などにおすすめです。

お問い合わせ

石川県グリーン・ツーリズム推進協議会(石川県観光戦略推進部観光振興課内)

〒920-8580 石川県金沢市鞍月1-1

TEL 076-225-1542

詳しくはこちら

石川県へのアクセス

日本列島の中央部、日本海側に位置する石川県は、2015年に北陸新幹線が開業したことで、東京からもアクセスしやすくなりました。飛行場は小松空港とのと里山空港の2ヶ所があり、小松空港は国内線で羽田、成田、札幌、仙台、福岡、那覇の各空港との間で運航しています。