» Iパス・支援

Iパス・支援

いしかわ移住パスポート(愛称:Iパス)の申請受付6月29日スタート!

石川県への移住希望者および石川県に移住してから1年以内の方に対して、協賛事業者から各種割引サービスや特典を提供する「いしかわ移住パスポート(Iパス)」を創設します!

6月29日からIパスの申請受付を開始し、協賛事業者からのサービスの提供も同日開始いたします。

申請方法や協賛事業者の情報については、後日当サイト等でお知らせしますので、お楽しみに!

いしかわ移住パスポート制度概要

石川への移住希望者・移住者に対し、協賛事業者が各種割引・特典を提供するパスポートを交付。

【特典等の例】
引越代金◯%引、不動産手数料◯円引、自動車学校講習料金◯円引、レンタカー基本料金◯%引、宿泊料◯円引など

いしかわ移住パスポート

Iパスの交付要件

  • 県外から石川へ移住を希望する方
  • 石川県内へ移住して1年以内の方

Iパスの有効期限

パスポートの交付日から3年間(移住後の方は2年間)

市町の主な支援制度

珠洲市

まちづくり相談室/電話:0768-82-7726/FAX:0768-82-2896/メール:kizai@city.suzu.lg.jp

珠洲市空き家購入費補助金 珠洲市空き家バンク登録物件を購入した方を対象に、当該物件の購入に係る経費の1/3、最大100万円を助成します。
珠洲市空き家改修費補助金 珠洲市空き家バンク登録物件を購入又は賃借した方を対象に、当該物件の改修に係る経費の1/2、最大100万円を助成します。
珠洲市移住定住促進補助金 市内の賃貸住宅に入居するU・Iターン世帯に対し、家賃の1/2以内を補助します。補助額の上限は移住1年目が3万円/月、2~3年目が2万円/月、4~5年目が1万円/月で最大5年間です。

その他の支援制度はこちら

輪島市

企画課/電話:0768-23-1113/FAX:0768-23-1855/メール:kikaku@city.wajima.lg.jp

輪島市移住定住促進奨励金 ○移住定住奨励金
30万円(家族のある場合、2人目20万円、3人目から1人あたり10万円を加算)
○住宅賃貸支援
家賃の1/2(上限1か月2万円 12か月支援)
○住宅確保支援
新築…購入価格の1/10 上限70万円、地元産材使用で30万円加算
中古…購入価格の1/10 上限50万円、地元産材使用で10万円加算(※増築した場合のみ)
改修…改修費用の1/2 上限50万円
起業・新規出店支援 市内金融機関から3年以上の融資を受けて、市内で「小売店」、「飲食店」、「宿泊施設」、「製造業」などのお店を新たに始める方に対し、最大360万円を支援。

その他の支援制度はこちら

能登町

ふるさと振興課/電話:0768-62-8532/FAX:0768-62-8538/メール:furusatoshinkou@town.noto.lg.jp

ふるさと定住住宅助成金 UIターン者の新築住宅、中古住宅(購入・賃貸)、実家等の改築に要する経費の一部(最大150万円)を助成します。
能登町創業・継承支援事業補助金 町内で創業する新規事業者や、既存事業の継承者を支援します。補助額は創業や継承に係る経費として最大300万円、対象融資の利息を最大10万円(3年間)。
能登町定住促進助成金 企業、団体に雇用されたU・Iターン者や新規学卒者へ、総額10万円助成します。

その他の支援制度はこちら

穴水町

政策調整課/電話:0768-52-3627/FAX:0768-52-0395/メール:kikaku6@town.anamizu.lg.jp

穴水町定住促進奨励金 定住を目的に、町外からの転入者を対象に新築住宅を取得した場合、最大100万円、中古住宅を取得した場合、最大50万円を助成します。
穴水ニュータウン(宅地無償分譲) 自ら居住するための一戸建て住宅を建築し、穴水町に永住を希望する町外から移住する概ね20歳以上40歳未満の夫婦を対象に、町有地を無償分譲します。町内に転入後5年以内の方も対象です。
Iターンファミリー移住暮らし応援補助金 移住者が新生活を開始しやすいように県外からの子育て世帯の転入者に対して、引越費用(限度額10万円/一律)や家賃(住宅手当相当額を控除した家賃月額2分の1を補助。限度額1万円/月額・3年間)を補助します。

その他の支援制度はこちら

七尾市

ふるさと振興課/電話:0767-53-1134/FAX:0767-53-1819/メール:nanaokurashi@city.nanao.lg.jp

移住定住促進補助金 ①県外から転入し、一戸建て住宅を新築、購入(購入に伴う改修を含む)した人に、最高100万円を交付。
②県外から転入し、民間賃貸住宅に入居した人に、月額最高15,000円を3年間交付。
分譲宅地購入助成 ①「向陽タウンはまだ」分譲宅地で一戸建て住宅を新築した場合、200万円を交付。
②「サンタウン万行」分譲宅地で一戸建て住宅を新築または購入した場合、200万円を交付。
スタートアップ補助金 七尾市内で創業または第二創業を行う者に対して、創業に要する経費を補助することで、新たな需要、雇用を創出し、地域の活性化を図る。補助金額:上限200万円
補助対象:内外装工事費、機器購入費、備品購入費、借家料など

その他の支援制度はこちら

志賀町

企画財政課/電話:0767-32-9331/FAX:0767-32-3933/メール:iju@town.shika.lg.jp

■みらいとうぶ定住促進奨励金 高浜町東部地区分譲地に新築住宅取得で奨励金を交付。単身移住最大390万円、家族移住最大470万円。
○単身入居で240万円、町内業者依頼で工事費の2.5%(最大50万円)加算
○家族入居で280万円、子ども1人につき20万円(最大40万円)、町内業者依頼で工事費の2.5%(最大50万円)加算
○町立富来病院看護師等就労加算、上記奨励金プラス100万円(1人につき)
■移住定住促進住まいづくり奨励金 新築住宅取得で奨励金を交付、単身移住最大90万円、家族移住最大170万円。
○単身入居で40万円、町内業者依頼で工事費の2.5%(最大50万円)加算
○家族入居で80万円、子ども1人につき20万円(最大40万円)、町内業者依頼で工事費の2.5%(最大50万円)加算
■志賀町ふるさと就業促進奨励金 ○Uターン・Iターン者並びに新規学卒者に対して就業奨励金を交付する。
・Uターン者:町内出身者(転出期間が1年以上、満18歳以上満60歳未満)で、転入した日から1年以内に新規に地元企業等に就業で、20万円(2カ年支給:1年経過後 10万円 2年経過後 10万円)
・Iターン者:町外出身者(満18歳以上満60歳未満)で、転入した日から1年以内に新規に地元企業等に就業で、20万円(2カ年支給:1年経過後10万円 2年経過後 10万円)
・新規学卒者:町内居住者(1年以上)で、就学終了日から1年以内に新規に地元企業等に就業で、10万円(2カ年支給:1年経過後 5万円 2年経過後 5万円)

その他の支援制度はこちら

中能登町

企画課/電話: 0767-74-2806/FAX:0767-74-1300/メール:kikaku@town.nakanoto.ishikawa.jp

定住促進奨励金 町内に一戸建て住宅を新築・購入(中古住宅、空き家を含む)して定住する方に最大100万円の助成金を交付します。
UIJターン者応援商品券 町内にUターン・移住し定住する方に中能登町共通商品券10万円分を交付します。
空き家等改修支援補助金 空き家バンクで購入した空き家等を改修し町内に定住する方に、改修に要した費用の1/2以内、最大50万円を限度に補助金を交付します。

その他の支援制度はこちら

羽咋市

がんばる羽咋創生推進室/電話:0767-22-7192/FAX:0767-22-7135/メール:iju@city.hakui.lg.jp

空き家バンク制度 HPにて空き家の情報を提供していますhttp://www2.city.hakui.ishikawa.jp/akiya/
定住促進家賃補助金交付事業 市外から羽咋市へ転入し、民間賃貸住宅に入居される子育て中の世帯・新婚世帯、羽咋市空き家情報バンクを利用し入居される世帯に家賃補助します。
【子育て世帯・新婚世帯】1世帯当り月額3千円の地域商品券を1年間支給
【空き家入居世帯】1世帯当り月額7千円の地域商品券を1年間支給
【通勤加算】1世帯当り月額3千円の地域商品券を1年間支給
※上記対象者で羽咋市外にお勤めの世帯に加算支給
羽咋市自然栽培新規就農者助成金 自然栽培農業を始めた農業者で、自然栽培営農を5年間継続する見込みのある方に対し、国の新規就農総合支援事業で支給される金額の1割を5年間助成します。

その他の支援制度はこちら

宝達志水町

企画振興課/電話: 0767-29-8250/FAX:0767-29-4623/メール:kikaku@town.hodatsushimizu.lg.jp

住宅新築等奨励金 住宅を新築、または建売住宅・中古住宅を購入した場合に50万円、本町が分譲した宅地を購入し、住宅を新築した場合に100万円を交付します
さらに町内業者を活用して住宅を新築または購入した場合定額より20万円を加算します
賃貸住宅家賃補助 町内にある賃貸住宅に入居する若者(新婚・子育て世代)に対し、家賃の一部を助成します
1世帯あたり月額家賃の3割を補助(上限15,000円最大3年間)
民間賃貸住宅建設補助事業 民間事業者等に対し賃貸住宅建設費用の一部を補助します
民間賃貸住宅の建築に係る本体工事費10%を補助(上限5,000千円)

その他の支援制度はこちら

金沢市

金沢市住宅政策課/電話:076-220-2136/FAX:076-222-5119/メール:jyuutaku-s@city.kanazawa.lg.jp

まちなか住宅建築奨励金 金沢らしい景観に配慮した住宅を取得する場合に助成します。
・基本部分 借入金の10% 限度額200万円(二世帯住宅の場合は300万円)
・移住者(UJIターン世帯)への加算 借入金の2.5% 限度額50万円
・45歳未満の方への加算 借入金の2.5% 限度額50万円
・60歳以上の方への加算 借入金の1.0% 限度額20万円
(その他にも加算制度あり)
※加算部分の合計額の限度額20万円
まちなか空き家活用促進補助 昭和26年以降に建築された空き家を購入し、自ら定住する場合に助成します。
・基本部分 内部改修工事費の1/2 限度額50万円
・移住者(UJIターン世帯)への加算 内部改修工事費の1/2 限度額50万円
・45歳未満の方への加算 内部改修工事費の1/2 限度額50万円
・60歳以上の方への加算 内部改修工事費の1/2 限度額20万円
※加算部分の合計額の限度額50万円
郊外部移住者住宅取得奨励金 移住者が郊外の区画整理地等で新築住宅を取得する場合に助成します。
・基本部分 借入金の5% 限度額100万円
(二世帯住宅の場合は借入金の7.5%、限度額150万円)
・45歳未満の方への加算 借入金の2.5% 限度額50万円
・多子世帯への加算 借入金の1% 限度額20万円
※加算部分の合計額の限度額50万円

その他の支援制度はこちら

野々市市

企画課/電話:076-227-6028/FAX:076-227-6255/メールkikaku@city.nonoichi.lg.jp

■勤労者自己住宅資金利子補給制度 新築の住宅を建築・購入した資金について、利子の一部を補給します。
(利子補給対象借入金の限度額:750万円、利子補給額:年度当初残高の1%(75,000円以内)、3年間、所得制限あり)

その他の支援制度はこちら

かほく市

企画情報課/電話:076-283-1112/FAX:076-283-4242/メール:kikaku@city.kahoku.ishikawa.jp

かほく市若者マイホーム取得奨励金 45歳未満の方が住宅ローンの借入れをして、一戸建て住宅を新築または購入(中古住宅含む)される場合に、最大200万円を交付します。
かほく市新婚さん住まい応援事業補助金 40歳未満の新婚夫婦が市内の民間賃貸住宅または特定公共賃貸住宅に入居した場合に月額1万円を補助します(最大24ヶ月間)。市外から転入の場合の月額加算や出産による補助期間の延長があります。
かほく市学生UIJターン就職奨励金 県外の大学等へ進学した方が、卒業に伴い石川県内にUIJターン就職し、市内に居住される場合等に10万円の奨励金を交付します。県外出身で県内の大学等に進学し卒業した方も対象となります。

その他の支援制度はこちら

内灘町

企画課/電話:076-286-6727/FAX:076-286-6709/メール:kikaku@town.uchinada.lg.jp

三世代ファイミリー同居・近居促進事業補助金 新たに三世代で同居又は近居を始めるため、住宅の新築、購入、増築、改築又は改修する場合に、費用の一部を助成します
【助成内容】30万円
※県外からの転入者である場合は、15万円加
マイホーム取得奨励金 町内に新築若しくは新築購入し、町外から転入する者に対し、費用の一部を助成します
【助成内容】現金10万円と町商工会が発行する共通商品券10万円
定住促進奨励金(新婚世代家賃補助制度) 町内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯に対して、賃貸住宅の家賃の一部を助成します
【助成内容】
(家賃月額-住宅手当等)×2分の1(限度額2万円)×12カ月分の交付
※町が指定する大都市圏から転入者のある世帯は月額5千円加算

その他の支援制度はこちら

津幡町

企画財政課/電話:076-288-2158/FAX:076-288-6358/メール:kikakuzaisei@town.tsubata.lg.jp

住宅取得等奨励金 新築・購入・増改築・改修に係る住宅借入金の年末残高の4%に相当する額(上限60万円、新規転入者の場合は80万円)を交付します。(その他加算制度あり)
三世代ファミリー同居等促進事業補助金 三世代で同居を行うために住宅を新築、購入、増改築、改修をする方を対象として、最大30万円の補助金を交付します。三世代が50m圏内で居住するために住宅を新築、購入する場合も対象となります。
空き家バンク利用奨励金 町空き家バンク制度を利用し、3年以上定住することを前提とした夫婦世帯以上で、いずれかが60歳以下の新規転入者に、賃貸契約金額の2分の1(限度1万円、24か月分)もしくは購入額の10分の1(限度50万円)を交付します。

その他の支援制度はこちら

白山市

定住支援課/電話:076-274-9568/FAX:076-274-9518/メール:teiju@city.hakusan.lg.jp

白山市定住促進支援制度(3制度) 白山市への定住を目的として新築住宅を取得した方を対象に、借入金の10%を次の金額を上限として補助します。①転入者:50万円(条件により80万円)、②45歳未満:30万円、③白山ろく地域での新築:100万円。(①~③の併用はできません)
白山市中古住宅購入補助金 白山市への定住を目的として中古住宅を購入した45歳未満もしくは市外からの転入者に、購入費用の1/3(上限30万円)を補助します。
白山市新婚夫婦賃貸住宅家賃助成制度 民間賃貸住宅等に住む45歳未満で結婚1年未満の新婚世帯に、家賃の10%(月額上限5千円)を最長12ヵ月間補助します。

その他の支援制度はこちら

能美市

電話:761-58-2212/FAX:0761-58-2291/メール:chiiki@city.nomi.lg.jp

能美市定住促進補助金 制度改正中
定住と併せ、店舗兼住宅等を開設する方に対して建物取得費・改修費を補助
基本額:上限50万円(費用の1/2)、県外転入者加算25万円、指定市街地・中山間地区加算25万円
ワーク・イン・レジデンス制度補助金 18歳までの医療費窓口無料化
各種子育て支援制度 乳幼児の紙おむつ及び粉ミルク購入費助成
妊産婦医療費・妊婦健診費15回目以上の助成
まちの授乳室(助産婦によるおっぱいのトラブルや育児の相談受付)

その他の支援制度はこちら

小松市

建築住宅課/電話:0761-24-8104/FAX:0761-23-6403:メールhousing@city.komatsu.lg.jp

「ようこそ小松」定住促進奨励金制度 小松市外から小松市内の都市計画区域に転居する方に対し、自己の住宅の建設費(75㎡以上の増築含む)または取得費の一部を助成します。限度額建設費50万円、購入費30万円。
空き家有効活用家賃補助金制度 小松市内空き家・空き家バンクの登録物件(戸建住宅のみ)を借りた方に家賃の一部を補助します。限度額2万円/月(1年間)
飛行場周辺地区居住環境整備助成金 航空機騒音区域で騒音緩和を配慮した自己の住宅建設費の一部を助成します。うるささ指数85W以上一律100万円、80~85W一律50万円、75~80W一律20万円。ただし市外業者利用の場合は半額。三世代関連、市外居住者、若者世帯等の加算あり。

その他の支援制度はこちら

加賀市

地域づくり推進課人口減少対策室/電話:0761-72-7840/FAX:0761-72-7990/メール:jinkoutaisaku@city.kaga.lg.jp

加賀市移住住宅取得助成事業 定住を促進し、人口増加による活力あるまちづくりの推進を図るため、定住を前提に住宅を新築または購入される、市外からの転入者を対象に補助金を交付。
対象住宅の取得費用(土地の取得費用は除く):補助率50%上限70万円を助成
同居親族に子どもがいる場合:該当子ども1人につき20万円を加算
市内業者が元請けし、施工した場合:一律30万円加算
植栽整備に要した費用:補助率30%上限10万円を加算
三世代ファミリー同居・近居促進事業 新たに三世代で同居または近居を始めるため、住宅の新築、購入、増改築、改修を行う場合、30万円を助成。※県外からの転入者である場合は、15万円加算
若年U・Iターン者雇用奨励金 市外からU・Iターンした20歳以上40歳未満の若年者を正規雇用した事業者及び当該事業所に就職した者に奨励金(Uターン:事業者30万円、被雇用者10万円、Iターン:事業者10万円、被雇用者30万円)を支給

その他の支援制度はこちら


このほか、各市町でもさまざまな支援制度を準備しています。