» 七尾市

七尾市

人口/55,325人面積/318.09km2※人口は平成27年国勢調査

都市の便利さと田舎ののどかさが『ちょうどいいまち』

海、山に温泉もあり。市内には2つの総合病院があり、医療や介護福祉が充実。単なる「田舎暮らし」でなく、安心・安全と利便性がコンパクトにまとまり、能登島での「島暮らし」も人気。

波穏やかな七尾湾が広がる市内全景

七尾市の概要

総合病院数 2 病院数 6
診療所数 35 歯科診療所数 30
保育所数 21 幼稚園数 2
小学校数 13 中学校数 6
高等学校数 5 特別支援学校数 1
大学数 0 専修大学数 3(うち1校は休校中)
大学院大学数 0 高等専門学校数 0
主な産業 農林水産業、観光業、食品加工業、医療サービス業 主な産物 いきいき七尾魚、能登かき、能登白ねぎ、沢野ごぼう、中島菜

支援制度

情報提供 ■能登半島ななおで暮らす(七尾暮らし応援サイト)

空き家バンク、住宅支援、生活情報など、七尾市で暮らすために必要な情報をまとめた移住定住専用ポータルサイトです。

住宅助成制度

■移住定住促進補助金(住宅取得)

県外から転入し、1戸建て住宅を新築、購入(購入に伴う改修を含む)した人に交付
・新築・購入費用の50%(上限100万円)


■七尾市定住促進住宅取得奨励金

金融機関から借り入れをして、1戸建て住宅を新築または購入する人に交付
・新築または新築住宅を購入:借り入れ金額の3%(上限30万円)
・中古住宅を購入:借り入れ金額の1%(上限10万円)
以下の要件に該当する人は上記金額に加算
(1)市内建築業者で新築または購入:上限20万円
(2)市外から転入した人:上限20万円
(3)中学生以下の子どもと同居:1人につき上限10万円
(4)「向陽タウンはまだ」 (中島町地内)分譲宅地で新築:上限200万円(※借り入れ不要)
(5)「サンタウン万行」(万行町地内)分譲宅地で新築:上限200万円(※借り入れ不要)


■七尾市まちなか居住再生事業

中心市街地(まちなか区域)で、前面道路が4m未満の市道である敷地で、道路中心線から3m以上後退(市に寄付または売却)することを前提に市内建築業者で施工する人に交付
(1)住宅建替え奨励金
 ・既存住宅の解体費の50%(上限50万円)
 ・建替えにかかる借入金額の10%(上限100万円)
(2)共同住宅建設奨励金
 ・設計費の50%(上限100万円)  
 ・建設費の10%(上限100万円) 
(3)住宅建設用地売買奨励金
 ・用地取得費の10%(上限50万円)
 ・売主が解体する場合解体費の50%(上限50万円)


■移住定住促進補助金(住宅家賃)

県外から転入し、民間賃貸住宅(集合住宅や1戸建て)に入居した人に家賃の一部を交付
・月額家賃の50%(上限月額1万5千円)
・助成期間:最長3年間


■七尾市賃貸住宅家賃助成金

市内の民間賃貸住宅(集合住宅や一戸建て住宅)に住む子育て世帯や新婚世帯の低額所得の人を対象に家賃の一部を助成
・月額1万円(家賃が1万円未満の時はその額)
・助成期間:交付開始月から6年以内


■万行地区土地区画整理事業保留地取得奨励金

七尾市万行地区土地区画整理組合が販売する保留地を購入し、住宅を新築または購入した人に奨励金を交付
・対象:万行地区土地区画整理組合の保留地を購入した人で、購入の目的が以下のものであること
  ・七尾市での定住
  ・一戸建て住宅の新築または購入
・奨励金の額:1区画につき200万円

起業・創業支援

■ななお創業応援カルテット

七尾市、七尾商工会議所、のと共栄信用金庫、日本政策金融公庫の4者が連携し、創業支援などの情報を共有し、創業前から創業後までを一貫して支援
移住希望者向けの「iju(いじゅう)創業パック」で、支援体制をさらに強化。


■スタートアップ補助金

七尾市内に創業又は第二創業を行う者に対して、創業に要する経費を補助することで、新たな需要、雇用の創出等を促し、地位の活性化を図ります
補助金額:上限200万円
補助対象:内外装工事費、機器購入費、備品購入費、借家料など
有識者で組織する審査会で補助金交付の可否を審査します。

就職支援
(農林水産系含む)

■新規就農者確保対策事業

市内の認定農業者に雇用され、研修を受ける場合に、市内の定住促進住宅へ入居する際の家賃の50%を助成(上限1万5千円)

相談窓口

課名 七尾市 ふるさと振興課
TEL 0767-53-1134
E-mail nanaokurashi@city.nanao.lg.jp
市HP http://www.city.nanao.lg.jp/
移住サイト http://www.city.nanao.lg.jp/nanaokurashi/

※ご相談内容によっては、担当部局でのご相談となりますので、ご了承願います。