» フルリモートで「移住」と「仕事」を両立

フルリモートで「移住」と「仕事」を両立

どこにいても働ける生涯の仕事としてWEBディレクターに

神奈川県横浜市出身で、ご縁があって七尾に住んでいますが、パートナーに出逢うまでは石川県に来たこともなく、能登のことも知りませんでした。
大学卒業後、証券会社に就職して地方への転勤などを経験しましたが、遠距離のパートナーとの出逢いをきっかけに、全国転勤であった証券会社でのキャリアを考え直すことに。地方からでもフルリモートで働ける可能性を模索して、転職を決意しました。そこで見つけたのが、クラウドソーシングサービスを行っている「ランサーズ株式会社」でした。
今は「ランサーズ株式会社」で、フリーランスに仕事を依頼したい人とフリーランスをマッチングする仕事をしています。WEBディレクターとして、地方や海外で活躍されているデザイナーやイラストレーター、プログラマーといった方が場所に関係なく仕事ができるよう、尽力することにやりがいを感じています。今はフリーランスの働き方も柔軟になり、あらゆる可能性が増えましたね。

七尾からフルリモートで、キャリアを手放さず働く

共通の趣味で出逢ったパートナーとの結婚のために七尾で住むことを決めましたが、会社は遠方に行っても辞めずにフルリモートで働くことを応援してくれました。 これまでは女性が仕事を辞めて、夫の元へ嫁いだり、転勤について行くという流れが当たり前でしたが、リモートワークという選択肢ができた今は、仕事や収入を諦めなくても、住んでいる場所で仕事ができます。
東京の本社には、会議などの際に数カ月に1回ほどの頻度で足を運ぶ程度なので、満員電車などのストレスも無く、快適に働けています。
とは言っても、オンとオフのメリハリが難しいのがリモートの大変さです。定時後でも、仕事の連絡が来るとつい返してしまったり。スイッチを切り替えるために、家にいても仕事中はきちんとした服に着替えたり、明るい場所で作業したり、自分なりの工夫が必要になりますね。

パートナーの実家である寺院にて

自然の中で趣味を楽しむふたりの時間

海が大好きな私にとって、七尾には楽しみがいっぱい。能登島も近いし、こちらに来てから釣りも始めました。パートナーは生まれも育ちも七尾なのに、釣りの経験がまったく無くて!今では仕事帰りに二人で出掛けるほど楽しんでいます。
石川県や富山県にはスキー場も多いので、スノーボードにもよく行きます。趣味と生活環境がマッチしているのが素晴らしいですね。移住ライフを目いっぱい満喫しています。
住んでみて驚きましたが、七尾は思っていたよりすごく便利なんです。海や山だけのイメージでしたが、市街地に住んでいると、歩ける範囲にスーパーやドラッグストアがあるので、ペーパードライバーの私も全く困りません。車の運転はパートナーがサポートしてくれていますが、わりと手の届く範囲になんでもあるんですよ。
パートナーの実家はお寺で、住職であるお話好きのお義父さんと、やさしいお義母さんは、「都会から来てくれてありがとう」と言ってくれます。私の仕事が忙しい時も、手料理をよくいただきます。パートナーとご両親がサポートしてくれるので、とても助かっています。ゆくゆくは、お寺でリモートするかもしれませんね(笑)。

移住後に始めた釣り。「見事にハマっています」

スノーボードも満喫しています

移住を考えるならば、会社のビジョンを見ることが大切

七尾は田舎と都会をコンパクトにした感じで、自然も多く街並みも素敵。こちらに来てからまだ日も浅く、家の中で仕事をしているので、地域の方と触れ合える機会が少ないのですが、同じく移住してきた方とも交流できたらいいなと思います。
日本ではまだ、フルリモートを取り入れている企業は多くありません。いつか移住をしたいと考えている方には、給料だけではなく、会社のビジョンをよく見てキャリアを計画するのが大切だと思います。生活と仕事を天秤にかけなくてもいいような環境で、どちらも大切にしながら生きていけるのが私自身の理想ですね。

金澤瑠夏(かなざわるか)さん

神奈川県出身

七尾市在住

職業 WEBディレクター