» 羽咋市

羽咋市

人口/20,940人面積/81.85km2※R3.1.1現在

海あり!山あり!美味しい食あり!ほどよい田舎を実感できる能登の入り口

羽咋市(はくいし)は世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」に囲まれ、豊かな田園風景、風情漂う神社仏閣、日本で唯一車で走ることが出来る砂浜などがある魅力あふれる市です。

日本で唯一、砂浜を車で走ることができる千里浜なぎさドライブウェイ

羽咋市の概要

病院数 1 診療所数 17
歯科診療所数 15 保育所数 8
幼稚園数 0 認定こども園数 2
小学校数 6 中学校数 2
高等学校数 3 特別支援学校数 0
大学数 0 専修学校数 0
大学院大学数 0 高等専門学校数 0
主な産業 農業、繊維、電子、鉄工、金属機械 主な産物 スイカ、大社焼、能登上布、リンゴ、羽咋米、天然岩カキ、のとしし、神子原米

支援制度

情報提供

■羽咋市空き家情報バンク制度

HPにて空き家の情報を提供しています。


■羽咋市移住定住ポータルサイト

ポータルサイトにて移住希望者へ情報を提供しています。

住宅助成制度

■住まいづくり奨励金交付事業

新築住宅の取得に対してに一律10万円の奨励金を交付します。また、子育て世帯30万円、三世代同居世帯30万円、市内業者利用20万円(市内に事務所がある住宅建設関連事業者)若者世帯30万円(申請日において35歳以下で住宅の名義人となる方)、女性応援30万円(女性で単独名義人となる方)、転入者50万円(転入後2年以内の方で住宅の名義人となる方)、居住誘導区域:30万円(立地適正化計画で定める居住誘導区域)を加算します。〈最大230万円〉

夕日ヶ丘分譲地を購入しまちづくり協定を締結された方(上記との併用は不可)
【基本奨励金額】
住宅取得費の25%(限度額250万円)
【加算奨励金額】
転入者(市内業者施工):住宅取得費の2%(限度額40万円)
転入者(市外業者施工):住宅取得費の1%(限度額20万円)
市内在住者:10万円
子育て世帯:10万円(子がいる世帯)

三世代同居の増築・改修
【奨励金額】
一律50万円
次の①~④のすべてに該当するものが対象。
①子、親、祖父または祖母のいる世帯
②昭和56年6月1日以降に着工された新耐震基準の住宅
(昭和56年5月31日以前に着工された住宅で耐震性を満たした住宅を含む。)
③敷地内に危険なブロック塀等が無い事
④増築・改修費用が300万円以上の工事
⑤三世代で生活するための増築・間取り変更や設備の増設等

※再転入の方は、再転入以前に他市町に継続して2年を超えて住所を定めた方
※助成金は20万円までは地域商品券で支給し、残りは現金支給します。


■空家リフォーム再生事業

空家の購入やリフォームに対して助成します。
【購入助成】
転入者:取得費の1/3以内で50万円限度
市内在住者:取得費の1/3以内で20万円限度
加算助成金 若者世帯:一律10万円 世帯主が申請日において35歳以下
       女性応援:一律10万円 世帯主が女性
居住誘導区域:一律30万円 立地適正化計画に基づく区域内
【リフォーム助成】
市内業者利用:工事費の1/3以内で50万円限度
市外業者利用:工事費の1/3以内で20万円限度
加算助成金 若者世帯:一律10万円 世帯主が申請日において35歳以下
       女性応援:一律10万円 世帯主が女性
居住誘導区域:一律30万円 立地適正化計画に基づく区域内
※上記の加算助成金は購入又はリフォームのいずれかに加算されます。
※空家は昭和56年6月1日以降に着工されたもの(昭和56年5月31日以前に着工された建築物で耐震性を満たした建築物を含む。)
【除却費助成】
市内業者利用:工事費の1/3以内で30万円限度、市外業者利用:10万円限度
<大規模建築物>
市内業者:解体に要した費用の1/3(限度額100万円)、市外業者:解体に要した費用の1/3(限度額80万円)
加算助成金 旧耐震空家:一律20万円(除却費助成のみに加算)
※大規模空家とは、建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項第2号又は第3号に該当する空家
【家財道具等処分費助成】
家財道具の処分費用の1/3以内で10万円限度 ※リフォーム助成との併用不可。
※助成金は20万円までは地域商品券で支給し、残りは現金支給します。
空家の取得・改修・家財道具処分・除却に対して助成

転入奨励金制度

■定住促進家賃補助金交付事業

市外から羽咋市へ転入し、民間賃貸住宅に入居される子育て中の世帯・新婚世帯・働く女性世帯、羽咋市空き家情報バンクを利用し入居される世帯に家賃補助します。
【子育て世帯・新婚世帯・働く女性世帯】 1世帯当り月額1万円の地域商品券を2年間支給
【空き家入居世帯】 1世帯当り月額1万円の地域商品券を2年間支給
【通勤加算】  1世帯当り月額3千円の地域商品券を2年間支給
※上記対象者で羽咋市外にお勤めの世帯に加算支給


■定住促進新婚世帯新居費用助成事業

住居費の賃借に要する経費(敷金・礼金等)や引越しに係る費用で30万円が上限。
対象要件:以下の要件を満たす夫婦。
・婚姻から3か月以内の夫婦
・所得の合計が400万円未満
・双方が初婚でかつ39歳未満

交流・体験

■短期移住体験住宅

羽咋市への移住を希望されている方に無料で体験住宅を貸し出します。
利用期間:5日間
※羽咋市農業体験プログラムへの参加も可能

就職支援
(農林水産系含む)

■羽咋市新規就農者助成金

新規就農者で、農業を5年間継続する見込みのある方に対し、国の農業人材力強化総合支援事業で支給される金額の2割を2年間助成します。


■羽咋市新規就農者空き家等家賃補助金

市内の空き家又はアパート等に住む新規就農者(慣行栽培・自然栽培問わず)で2年以上居住する見込みのある方に対し、家賃の半分を助成します(空き家:上限2万5千円/月、アパート等:上限2万円/月)。


■羽咋市環境保全型農業直接支援助成金

JA羽咋が主催する自然栽培部会に参画し、自然栽培農業を実施する農業者で、自然栽培営農を5年間継続する見込みのある方に対し、耕作面積に合わせて(20円/平方メートル)助成を行います。

起業・創業支援

■起業家支援事業

〇対象者
・市内で新たに創業する起業家
・市税等の滞納がない方

〇対象経費
・店舗、工場等の建設費、取得費及び改装費
・店舗、駐車場等の賃借料(最高6か月分)
・広告宣伝費(ホームページ作成費含む)
・起業に必要な設備費等
・その他市長が必要と認める経費

〇補助金
対象経費の2分の1以内
【基本補助額】上限30万円
【中心商店街加算】上限30万円加算
【女性・若者(45歳未満)加算】上限60万円加算 
【市外からの転入】上限30万円加算

※中心商店街(駅前通り商店街事業協同組合、パセオ通り商店会、本町通り商店会、中央通り商店会、駅東商店会、千里浜商店会)


■事業承継支援事業

〇対象者
・市内で事業承継をしようとする者又は事業承継後1年以内の者
・市税等の滞納がない者

〇対象経費
・店舗、工場等の建設費、取得費及び改装費
・店舗、駐車場等の賃借料(最高6か月分)
・広告宣伝費(ホームページ作成費含む)
・必要な設備費等
・その他市長が必要と認める経費

〇補助金
対象経費の2分の1以内
【基本補助額】上限30万円
【中心商店街加算】上限30万円加算
【若者(45歳未満)加算】上限60万円加算
【市外からの転入】上限30万円加算

※中心商店街(駅前通り商店街事業協同組合、パセオ通り商店会、本町通り商店会、中央通り商店会、駅東商店会、千里浜商店会)

相談窓口

課名 移住総合相談窓口/空き家情報バンク:羽咋市総務部企画財政課
TEL 0767-22-7192(総務部企画財政課)
E-mail 総務部企画財政課:iju@city.hakui.lg.jp
課名 就農支援:羽咋市産業建設部農林水産課
TEL 0767-22-1116(産業建設部農林水産課)
E-mail 産業建設部農林水産課:nourin@city.hakui.lg.jp
課名 住まいづくり奨励金/子育て・新婚世帯家賃補助:羽咋市産業建設部地域整備課
TEL 0767-22-9645(産業建設部地域整備課)
E-mail 産業建設部地域整備課:kensetsu@city.hakui.lg.jp
課名 起業家支援補助金:羽咋市産業建設部商工観光課
TEL 0767-22-1118(産業建設部商工観光課)
E-mail 産業建設部商工観光課:syoukan@city.hakui.lg.jp
市HP https://www.city.hakui.lg.jp/
移住サイト https://www.city.hakui.lg.jp/iju/index.html

※ご相談内容によっては、担当部局でのご相談となりますので、ご了承願います。